年始

2019. 1/ 1火~6日  ×冬休み
     7月 昼○・夜○ 通常営業
     8火の昼○・夜×  〃 
     9水 ×休み
     10木〜 通常営業

     14月/祝※終日臨時休業 直前告知になってしまい申し訳ございません

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


二〇一九 亥年 2019.1/2

あけましておめでとうございます

昨年中にはお越し下さった皆々さま、お世話になった皆々さまに御礼申し上げます。
どうもありがとうございました。

どうにか無事に、師走営業と小晦日、大晦日の二日間を終えることができ
今ようやく一息ついて新年を迎えられてます。


31日お昼TVのニュースで神田の有名お蕎麦屋さんの
大晦日行列の様子を見て
今年からうちは、ソレを辞めて本当に良かった。と改めて思いました。

蕎麦屋たるもの大晦日をやらないなんて、間違っている
かもしれないけれど
都心でない郊外で、うちの様な駅から離れた立地で交通便も違う
人手も違う、手打ちか否か など条件は様々で
何年も、その大晦日に疑問を感じていました。

寒い中、待つ覚悟で足を運んで下さっても
待ってる間にお腹はすくし、寒いし‥‥何だか腹も立ってくるよね 
心広くない私はそう思ってまうのです、

蕎麦屋の大晦日行列は
日本の伝統のひとつで、由緒なのでしょうが

私たち猪口屋自体そもそも、正しい「蕎麦屋」という意識が低いんでネ・笑
恒例の大晦日営業を勇気を出して辞めてみて(初の試みで完全予約制で夜のみ営業でした)
九度目の正直で、ようやく腑に落ちた!
正解に近そうな答えにやっと辿り着けたように思います。

そんなの店側の満足でしかないじゃないか!と
お叱りを受けそうですが
多くの人を意識しすぎると、おかしなことになっていくでしょ。
結局、いつも想像してきた中から、たぶんこうではないかな?と思える感を信じて貫くべしってね。
有機的無機的どちらも至福を目指すには、しきたりに縛られたり圧や疲労困ぱいで下がっていては
誰かを満足させるなんてできなくて、抜本私たち一人一人が楽しんでなくちゃ叶えられないと思うんです。

そして案の定、やってる私たちもとても楽しくできたので
今年の年末もおそらく同じスタイルでいくと思います。
(今回以上にもっとベストが生み出せたら、さらなる変化で更新アリでーす)


出来ないこと以外は、出来ますんで
出来ることは全力で!

今年も楽しく蕎麦を打つよ〜!


Img_024ac5c442e56c931dd738118719118b