2017年   1/1(金)~12(木)冬休み
            13(金)〜通常営業



//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



新年 酉 2017.1/2

旧年中も多くの皆さまにお越し頂きまして 心より感謝いたします。


年の瀬の宴に、年にいっぺん集まって下さる吞んべえの皆さん、
大晦日にはじめて足を運んで下さったちっこい皆さん、大きい皆さん、
皆勤賞で来て下さる皆さん、
ちょっと早めの年越し蕎麦に来て下さった皆さん、、、
一年の締めくくりに年越し蕎麦を召し上がって下さった多くの皆さま
ほんとうに、ありがとうございました。

現店で4回目の大晦日となりましたが年を増す毎に、
かわいいお子さんが多く来て下さる様になったこと、とても嬉しく感じます。

移転前の前店で、大晦日にまつわる、‘やってもうた’シクジリから、毎年
大晦日に向けて準備が始まる晩秋から、頭はひたすら考え中、体はひたすら緊張中ですが
いまようやく緊張の糸が溶けて、新年を迎えています。
ありがたいことです。

新たな年も、美味しいこと楽しいこと やってきたいですね
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


--------------------------------
我が家のお正月のご馳走は、雑煮(☆三ツ星☆)。
忙しない師走に、わざわざ手のかかる‘おせち’を作る気は残念ながらほぼなく
洋食の方々にお裾分け頂いてます、その方が間違いない。
ただ 唯一おせちの中で栗きんとんだけは恋しくなるので‘小布施の栗鹿の子’を。
何がイイって… 餡の部分がさつま芋じゃないのよね 餡も練った栗なのがイイ♡

話は戻り、大晦日前夜、その‘我が家の雑煮’を、スタッフに振る舞ったところ大好評だったので
調子に乗って、クックパッド並みにレシピ(というか使うもの)公開します♪
我が家の雑煮=猪口屋のお出汁雑煮です。
家でお出汁をとるのは手間ですが、化学調味料の舌に残る変な甘み(完全なる完璧な旨み)より
とーぜん断然、おすすめ♪です。


青のりとバタピーを入れたお餅↓ 売ってません、作ります(母が) 
Img_e62150907e109bac9c39e9a3b41da4a8


■「濃い」お出汁をとる →これポイント
一晩付けた、干椎茸&昆布汁にカツオ節だけでもいいですが、すっきりと澄んだ味よりも
もっと脂のりした丸く濃い出汁にしたいのでカツオ節の他に、サバなど混合節を加えて出汁をとります
お出汁をとる時、材をケチってはいけません、惜しみなくふんだんに使います

■鶏肉、ごぼう、好みの野菜 →ごぼうがポイント

■白醤油(または淡口醤油)、本みりん、酒少々、塩

お出汁に鶏肉とごぼうを先に煮込む 途中、何度もアクをとり、ある程度火が通ったら
他の野菜を入れて煮込み、またアクをとる
調味料を適当に加えしばらく火入れ続投、味がなじんだら完成♪
どうしてもアクが浮くのでNOでしたら、リードで漉します
Img_a50d4a7719bf15dcbd73aac5498b7480
Img_862113812f4145fc888378aedd737f88
最後に香り高い七味。
好みですが、個人的に醤油色のお汁が苦手なので、我が家の雑煮は透き通った仕立てです。
今回なんとなく‘なると’を入れてみたくて「丸う」の揚げなるとを入れてみました。
やっぱかわいい。



  追:白醤油Ver.と淡口醤油Ver.
    実は結婚当初 雑煮の味付けを巡って、雑煮=正月恒例〜夫婦喧嘩の元凶。となっていたので
    正月を迎えるたび、今年こそケンカにならないよう・・と、毎年試行錯誤を繰り返してきました。
    このレシピは数年前にその甲斐あって合意し、ようやく確立したレシピなんですが
    はて……?自分でもどうして「白醤油」に到達したのか?
    遡っても思い出せなかったので、せっかくだから確かめてみよう…と
    白醤油と淡口の二種類で、立て続けに作ってみました。

    なんでか、、、なんでこうゆうニュアンス違いになるんだか理屈は解りませんが
    結果、白醤油に軍配が上がりました。
    なんてゆーか、解り易いのは後者(淡口醤油)かもしれません。 ご参考まで。